www.dutchdubs.com
【全損】とは名称通り全てが破損してしまうことで言い換えれば走行することができないように自動車としての役目を満たせなくなった際に用いられますが自動車保険で「全損」は少なからず異なった意味があったりします。自動車の保険では車が破壊された時には《全損と分損》という2つの状態分けられ、「分損」は修理費が補償金内でおさまる場面を指し、その場合とは逆に『全損』とは修復費が補償金の額を上回ってしまう状態を表現します。乗用車の修理で(全損)という状況では車の最重要のエンジンに修理できないダメージがあったり、乗用車の骨格がいびつになっていて修理が不可能である為リサイクルか処分と決められるのが常識です。しかしながら、自動車事故の後に業者や車の保険屋さんがこの修復費を予測した状況でいくら見た目が問題なく元に戻すことができる状態でも修理の費用が補償額よりも大きかったら何の目的のために乗用車の保険お金を払っているのか分からないです。そのようなときには、全損と判定して愛車の権利を自動車の保険屋さんに譲渡して保険金を負担してもらうようになっています。もちろん長い年月使用した自動車で未練があり自腹で修復をしてでも所持したいというドライバーはかなりいますから事態によっては自動車保険会社と話し合うといいと思います。さらに、車の保険によってはそういうケースを考えて特約等の【全損】のために特約ついている状況が多く予期せず自分の車が(全損)なった際でも新車購入等代金を一部分でももってくれる時もあります。更に盗難時補償金の特約をつけるならば、盗まれた物が見つからないケースでも『全損』とされ補償金が支払われるサービスになっているようです。